気持ちを落ち着かせてくれる乳酸菌

気持ちを落ち着かせてくれる乳酸菌

乳酸菌は、精神面に間接的な効果を発揮してくれることがあります。
人間の精神というのは、様々な物質によって制御されている一面があります。その1つが、脳内で分泌されるセロトニンという物質なのですね。そして、その物質は乳酸菌とは大きな関係があるのです。

 

精神の安定に関わるセロトニンは腸内でも作られる

 

セロトニンの作用としては、精神の安定が挙げられます。その物質が多い方が気持ちが落ち着いていることが多い訳ですが、前述のようにそれは脳内で生成されると考えられているのですね。
しかし実は、それはお腹と大きな関係があるとも証明されています。お腹の中でもセロトニンは生成されていて、それが脳にも伝わっているという説も有力です。
しかしお腹にてセロトニンが分泌されるかどうかも、やはり腸の具合に左右されます。お腹の具合があまり良くないと、セロトニンが分泌される量も少なくなってしまうでしょう。

 

乳酸菌でセロトニンの分泌が促進されて気持ちが落ち着いた

 

ところで以前にある方が、乳酸菌とセロトニンに関連する興味深い事を話していました。ある方がモンゴルで採取された乳酸菌を用いたサプリを摂取したのですが、それから気持ちが何となく変わってきたのだそうです。今までに比べると、気持ちが落ち着いてきたと感じているようなのですね。お腹の具合も良くなったのですが、それと一緒にメンタル面での変化も生じていた訳です。
察するにそれは、お腹の具合が良くなったからでしょう。お腹の環境が良くなれば、セロトニンの分泌も促進されると考えられます。それでメンタル面での変化も生じていたのではないでしょうか。
乳酸菌というと、主に便秘がイメージされる傾向があります。しかしそれだけでなく、セロトニンの分泌に伴う精神安定の効能も期待できる訳ですね。